マレー料理 top

マレー料理とはマレー人の料理。ココナッツミルクとチリがふんだんに使われる。主食は米と麺。イスラム教は豚肉が厳禁のため、料理には主に鶏肉、牛肉、羊肉が使われる。豚肉以外の肉でも、イスラム教で定められている祈りを捧げたあとに処理された「ハラル」肉しか食べれない。こうした事情を踏まえて、マレーシアの食品はすべて「ハラル」と「ノンハラル」に分けられている。

マレー料理メニュー

オタオタ ナシ・レマッ(Nasi Lemak) サテー(Satay)
オタオタ
(Otak-otak)
ナシレマ
(Nasi Lemak)
サテー(Satay)
準備中    
ロジャック    

その他のマレー料理 総括

まずはナシ・ゴレンミー・ゴレン。「ナシ」は米飯、「ミー」は麺、「ゴレン」は炒めるという意味で、マレー風の炒飯と焼きそば。小エビ,アミなどをつぶして発酵させたブラチャンという味噌状の調味料で味付け。

そして民族を問わずみんなが大好きなサテー。日本の焼き鳥によく似ている。牛肉、鶏肉、ラム肉(たまに中華系の店で豚肉のサテーを出しているところもあり)を串に刺して炭焼きにしたもので、ココナッツミルク、砕いたナッツやチリなどを混ぜ合わせた甘辛味のタレで食べる。

ロジャックといわれる料理はサラダのような、おかずのような、デザートのような不思議な味。材料もパイナップル、揚げパン、ピーナッツ、きゅうり、などを乱切りにしたものに黒蜜のようなソースをかけて食べる。

デザート・スナック メニュー

アガー・アガーと呼ばれる寒天を使った甘いデザート、クエと呼ばれるタピオカ粉を使った焼き菓子、グラ・メサカ(サツマイモの甘煮)、サゴ・グラ・メラカ(タピオカにココナッツミルク,砂糖をかけたもの)などが代表的。

ピサンゴレン(バナナの揚げ菓子)、イカンゴレン(魚の練り物の揚げ菓子)、ヤム(芋) を使った揚げ菓子などは国民的スナック。2,3個袋にポイポイっと入れてくれて1リンギットと安い。好みでチリソースにつけて食べる。

スポンサード リンク