サテー(Satay)

サテー(Satay)

サテー(Satay)とは?

サテー(Satay)とはマレーシア風の焼き鳥。インドネシア、マレーシア、シンガポールで楽しめる代表料理。

スパイス、調味料で味付けした肉(鶏、羊肉がメイン)を串に刺して炭火で焼き、甘辛いピーナッツソースにからめて食べる。

サテー(Satay)には、スライスした生のきゅうり、玉ねぎが添えてある。

サテー(Satay)は、日本の焼き鳥の味を期待して食べるとがっかりする味だが、マレーシア料理と割り切って、ビールのおつまみとして食べるには最高。ただし、イスラム教信者の店でビールは御法度なので、サテーをお持ち帰りにしてお楽しみください。

サテー(Satay)の店では、大抵注文してから焼き始めるので、5−10分ほどの待ち時間覚悟だが、その分できたて熱々が食べられる。

日本の焼き鳥と比べて小ぶりなので、どの客も5本、10本、20本と大きい単位で注文する。

一串0.5リンギット(日本円で約円)程度。

スポンサード リンク